小豆

なにか書きます。

Dien Bien Phu

またまたお久しぶりです。今日は、去年やった好きな漫画特集に入れてなかった漫画をまた思い出したので、語ります。自己満足です!!

 


・『ディエンビエンフー西島大介

ベトナム戦争を舞台にしたボーイミーツガールの物語。米軍カメラマンとして来た日系アメリカ人・ヒカルが、ゲリラ兵の少女・お姫様(プランセス)と恋に落ちる…という、あらすじだけ言えばあるあるなロマンスなんですが。

このプランセスがめっっちゃくちゃの最強少女でかっこいいんですよ!一人で敵の軍隊全滅させちゃうんですよね!それに対して、ヒカルがこれまたとんでもないヘタレかつ傍観者なんですね。「戦争大変だけど、とりあえず僕は食べ物と好きな娘だけいれば最高!」って感じの人間。主人公が一番頭がイかれてるわけです。

この2人以外にも、個性的でちょっと変わった価値観を持つキャラがたくさん出てきます。だいたいみんなまともじゃないけど…。

で、こういうキャラも魅力の1つなんですが、この作品特有の魅力は「フィクションなのに、戦争文学」という点なんです。さっきのプランセスの能力みたいに、この漫画は完全なフィクションだし、絵も全然リアルじゃなくてかわいくデフォルメされてる。プランセスが敵兵を殺していくシーンだって、人形をバラバラ分解していくような、実際にはありえない描写になってる。笑っちゃうくらいのフィクション(作り話)。でも、実際「ベトナム戦争」とネットで検索すると、集落を焼き払っているシーンとか、道端に死体が積み重なった写真とかがたくさん出てくる。兵士としてベトナムに行った経験のあるアメリカの小説家、ティム・オブライエンの「本当の戦争の話をしよう」にもあるように、本当の戦争の話っていうのは、信じてもらえっこない(それほど狂気的だし、まともじゃない)らしい。

これほどの凄惨なシーンは、デフォルメされたリアルじゃない絵柄だからこそ描けるんだと思う。そして、フィクションだからこそ、戦争のまともじゃない部分を伝えられるんじゃないかな?

確かに写真は言葉よりも多くのこと(事実)を伝える力があるけど、この作品も写真とはまた違った、1つの表現方法だと思うんです。そう考えると、漫画ってここまでできちゃうのか!って感動してしまうんです。

…まあ、個人的な意見や解釈も入っているのでこれが正しいとも言えないし、おそらく違う捉え方をする人もいると思いますが…。(というか自分の考えがこの文章でうまくまとまってる気がしない)

長々と書いてはいるんですが、私はとにかく大好きですこの作品!グロテスクだったり暴力的な描写が多いので注意が必要だけど…。一言で言えば「赤い液体と白い液体のオンパレード」ですね!(書いててなかなか酷いまとめ方だとは思ってますすみません)

こんな作品ではありますが、実は私、学校の授業でのプレゼンで紹介したことがあるんですよ…。見せても大丈夫なシーンを吟味した記憶がある() 英語でやったんですが、先生だけ「へぇ~!」っていう反応してくれましたやったね!!まあ英語聞き取る気になれないもんな。

 

 

 

・『S×S』ユユ

打って変わって超純粋なラブコメです!人は死にません!(下ネタはあるから純粋ではないか…)

ヒロインのさくらが、背が低い同士お似合いだろ!っていう理由で、周りに流される形で進藤くんという同じクラスの男子と付き合い始めるところから始まります。

このカップルがめっちゃ可愛いんですねー!さくらも存在そのものがかわいいけど、進藤くんの照れとか恥ずかしがるところとかがもう…!さくらのペースになんだかんだ合わせてるの優しいな。口は悪いが…。

付き合い始めの絶妙な距離感もいいですね!見てるこっちがそわそわしちゃうよ!

たまーに「えっそこまでシリアスにするか…()」という展開はあるけど、基本2人のいちゃいちゃきゅんきゅんを見ることができます。ほんとかわいい。

 


今回はこの2作品で。

 

 

 

最近女友達のツイッターの趣味垢を知ってしまい(本人が見せてきたから隠してはないんだろうけど)、ツイキャスを申し訳ないなーと思いつつ聞いてみたんですが、声だけって印象がだいぶ違いますね。その子は背高くてボーイッシュな見た目なんですけど、声だけ聞くとかわいいんですよねー。同じ人なのかと思うと、不思議だな。

その一方、私はというと、複数人で喋ってるところを録画したものをこの前見てみたら、他の人のは聞き取りやすいのに、自分だけやけに声が低くて聞き取れなかったです。悲しいね。

 


零号も届いたし、今はツアー説明会がとっても楽しみです。人生初ライブ、おそらく後ろでおとなしくしてると思うけど、その空間に行けるっていうだけで嬉しいですね~。